民族音楽」カテゴリーアーカイブ

ジョージア(グルジア)の歌の会

今日は、ジョージア(グルジア)の歌を歌う会に行ってきました。

この会のことは偶然知ったのですが、ジョージアの歌って?と検索してみたら、とても魅力的な歌とダンスの動画が色々あって、とても魅せられてしまいました。

↑ わりと現代風

↑ 普通の人たちが歌うまいって感じ。

↑すごいバネ!

特に男性のダンスはすごい。すごい動画はまだまだあります。

それまで、ジョージア(グルジア)という国について知らなかったけど、こんな素敵な文化がある所なんだと思いました。

いわゆる西洋クラシック音楽やそれをベースにした音楽とは違う音楽、民俗音楽には興味がありますが、グルジアにはグルジアンボリフォニーというのがあると知り、余計に興味そそられました。これまでなじんできたバッハなどバロックのポリフォニーとどう違うんだろうと。

今日の参加者は10人で、なんと日本在住のジョージア人も一人。外国人はあとフランス人が一人。その他は日本人。会の発起人はイギリスでジョージアの歌を勉強されてきたそうです。

発起人である指導者が教えてくれる3声のメロディーを耳で覚え、パートにわかれて合唱しました(伴奏なしのアカペラ!)。微妙な節まわしなどがありますが、それを置いておいてもやはり民族の独特のメロディーで、また歌詞カードを見てもジョージア語はわからないし(でもほぼローマ字読みでいけます)なかなか覚えにくかったです。

それでも3時間で2曲(素朴な)をなんとか仕上ました。合唱すると、ああ、民俗音楽だー!となかなかいい気分。2曲目の方がシンプルで、一緒に歌っていても3声別々に聴くことができておもしろかった。ちなみに声部の聴き分けはポリフォニックな曲を弾くことで養われるなと思いますね。私のはたいしたことありませんが。

今日の感想は、なんとなく、グルジアンポリフォニーを体感して味わうことができたかなという感じです。またトライできればと思います。

 

『Greensleeves グリーンスリーヴス』

以前、オカリナとのデュオ用に編曲したものをソロ用に編曲しなおしました。
ネットで調べると『グリーンスリーヴス』は16世紀後半頃によく歌われていたイングランドの最も古い民謡ということですが、誰もがどこかで聴いたことのある曲ではないでしょうか? 何百年と歌い継がれている歌なんですね。バロックよりも古い! 作者も不詳で、もともとちゃんとした楽譜も存在しないのでしょう。メロディも楽譜によって多少違ったりする。
16世紀後半というと、音楽ではルネサンスの最後の頃。だからこの曲に教会旋法が使われていてもそれはごく自然なことだったのかもしれませんね。

世界のわらべうたはヨナ抜き音階

今日はオカリナのKさんと合わせ練習でした。前回から1ヶ月の間に5曲の編曲を済ませ、アンサンブルはクラシックの1曲以外に8曲、編曲した作品を演奏することになります。
今回の選曲の中には、唱歌・童謡以外、アイルランド民謡(ロンドンデリーの歌・庭の千草)とイングランド民謡(グリーンスリーブス)が入っていますが、どれも懐かしさや切なさを感じる曲です。
『赤ちゃんは何を聞いているの?』(呉東進著)では、世界各地の子守歌のうち日本の歌を含む19曲を調べたところ、ピアノの真ん中のドから6度上のラの音(440ヘルツ)の音が一番多く使われていることがわかり、このラの音が赤ちゃんの泣き声や、胎内によく聞こえている音と同じであることを紹介しています(3月初めの子育て講演会でもこのお話をしました)。

また『音楽と認知』(波多野誼余夫著)にも、5音音階(日本ではヨナ抜き音階と言われる)はアイルランドやハンガリー、中国、韓国の民謡、ドイツのわらべうたにも共通して見られると書かれています。
民族固有で発展していった音楽は色々あっても、これらのことなどから人はもともと共通した音楽性を持っているのでは?と思うことがあります。不思議で興味深いことです。
ロンドンデリーやグリーンスリーブスのような日本でも親しまれている曲以外の知らない民謡ももっと聞いてみて、素敵な曲を見つけて編曲できたら面白いかも。

 

(*画像をクリックするとアマゾンにとびます)

グリーンスリーブスの続き 

グリーンスリーブスについてもう少し調べてみると、そもそも民謡なので作曲者も不詳で音源も色々でした。普通に短調で歌われてるものもあるし、ドリア旋法も使ってる箇所が違ったり。
まあ少々アバウトでも民族や長い年月を越えて歌い継がれているという事実がすごいのですね。
やはり普通の短調では物足りないので、ドリア使いますが全部そうするかどうするか?

グリーンスリーブスの隠し味

今、アンサンブル用にグリーンスリーブスの編曲をしていますが、持っている楽譜を元に調を変え、途中まですすめて、やっぱり変?と思ってストップしました。この曲は確かドリア旋法を使ってたはずなのに(そういうメロディーを記憶していながら)、楽譜では普通の短調になっている。
それで音源で確認してみると、やはり記憶の方が正しいというか、こうじゃないとグリーンスリーブスの良さが出ないよなと納得。短調で始まったのに、「あれ?」というひと時の浮遊感が心地良い。
日本でも外国でも、ずっと歌い継がれている曲はやはりメロディに普遍性があると思うのですね。編曲で和音やリズムにバリエーションをつけますが、基本となるメロディの良さは大切にしたいですね。

『蘇るトルコの響き』

20日、昼間はオカリナのKさんと合わせ練習。とりあえず編曲した「春の小川」「春が来た」「モーツァルトの子守歌」(途中まで)を聞いてもらって合わせてみて大体そのままでいけそうでホッ。なかなかいい感じです。引き続き編曲をやって次の合わせには全部そろえようと思っています。
夜は、パブロ・エスカンデさんのコンサートに行ってきました。日本テレマン協会のマンスリーコンサートで『パブロ・エスカンデ・プレゼンツ 蘇るトルコの響き』です。
曲目はパブロさん編曲によるトルコに関連する音楽(トルコ行進曲から民謡まで)とそれ以外のシューベルトやドヴォルザーク、メンデルスゾーンの弦楽とのアンサンブル曲、パブロさん作曲のチェロとピアノのための曲『2つのミロンガ』(オランダのチェリスト、ナオミ・ルービンシュタインから委嘱された)です。
今回はトルコというテーマがありましたが、エスニック要素をうまく取り入れたな雰囲気とタンゴを思わせるようなリズムにパブロさんのオリジナリティの高さを感じます。そして改めてパブロさんの音楽世界の広さを思い知るのでした。
ドヴォルザークのバガデルop.47ではパブロさんがオランダから持ってきたという100年前のハルモニウムというオルガンの演奏も聴けて、とても興味深かったです。足踏み式で優しい音です。
ミロンガとは、タンゴの基となっている2/4の舞曲ということで、『2つのミロンガ』は1曲目がわりと静かめで、2曲目がリズミカルです。おもしろかったのは、それまでうたたねしてるのかなと思っていた私の前に座っていたご年配の男性がミロンガの2曲目で体でリズムをとりはじめたんです。おお、リズムの力だ!とこれはパブロさんに報告しようと思いました。
終わった後、パブロさんに挨拶して帰りましたが、歩きながらじわじわー、じわじわ―と感動がよみがえってくるようでした。今日初めて聴いてよかった曲がいくつもありましたが、ライブで聴いた音楽はその形をとどめておくことができず、水のように流れていってしまう。でも、その言葉では表せない感動はきっと私の音楽の中に生かされると思いたいです。