録音うら話

今新しいアルバムの準備をしています。4月の終わりから録音に入って、結局1か月かかりました。もちろん、毎日録音していたわけではないですが、思った以上にかかりました。

録ったらそれを聴いて確認しますが、なかなか満足できない。繰り返しているうちに、細かい所が気になってくる。それでより演奏が委縮して悪いスパイラルに入っていく。

どうしたら、それを回避できるか考える。考えながら弾く。どうすれば思った音が出るのか。タッチの加減、指の角度、余計な力を抜く意識、打鍵の瞬間に意識を持っていく。

普段もレッスンのアドバイスも参考に、色々考えながら弾いていますが、録音するとそれがどういう結果になっているのかちゃんと確認できます。ヘッドホンで聴くと弾いてる時には気づかないことにも気づく。

スタジオで録っていた頃は、そこまで時間をかけなかった(1日でアルバムの録音を終わらせていたことが信じられない。とりあえず間違えずに弾ければOKくらいの次元)ので、気づいていないことも多かったと思います。

けれども、時間をかけられるともっと細かな部分を聴く余裕があるので、気づいてしまうし気づいたら直したくなる。編集でどうのこうのはできないから、とりあえず最初から最後まで何度も録り直す。

続けてやっていると集中力も落ちてきて、ミスが増えだし、これ以上やっても無駄となる。

日がたつにつれ焦りも出てきて、一体何をやっているのだろうと、精神的にもきつくなってくる。もっと能力があれば簡単なことなのだろうとか、マイナスの思考になってしまう。

それでも、一曲ずつなんとか仕上げていくうちに、最初よりも色々とわかってくることがあり、精度が上がってくる。それで、最初の頃に録ったものを聴くと、すでに雑に聞こえる。それでまた録り直し。エンドレスではないかと不安になる。

さんざん時間をかけて録ったけれど、今回アルバムにいれるのを見送った曲も何曲かあります。何度録っても満足できない。それで、この曲がいまいちなんだという結論に達したりして。

今日こそは終わりにすると思い始めてから10日ほどたって終わったように思います。終わりにできたのは、もう今これ以上やってもこれ以上はよく録れないと思えた時です。

別の分野のクリエイターとそのことについて話すと、締め切りがないときついということです。自分で締め切るのはなかなか難しいものです。

そして、とうとうエンジニアさんに連絡しました。なんと、その後にもまたしぶとく半日ほど録音しましたが、それは採用しませんでした。今、仕上げについてエンジニアさんとやり取りしているところです。

録音終わってからの話ですが、たまたま合間合間に読みかけていたキンドル本の続きを読んでいると、ドキッとすることが書いてありました。

本は苫野一徳さんの『はじめての哲学的思考』(ちくまプリマー新書)です。本の中で、ジャン・ジャック・ルソーの著書『エミール』の内容を紹介されています。

ルソーは不幸の本質は「欲望と能力のギャップ」であると言い表しているということです。苫野さんはこれをすぐれた洞察だと書かれている。

そうか、私が1か月苦しんだ(?)のはこれだったのかな。もっとこうしたいということと自分の能力とのギャップがあったせいか。

確かに、その間、正直しんどかった。けれども、終わった結果、少しは身についたものがあると感じています。努力の結果、得たものもある。欲望と能力のギャップはどこまでいっても埋まらない。けれども、そのギャップが自分を前へ進めてくれる原動力にもなり得るのではと思っています。つまり、欲望は大事です(笑)。

本の中では、欲望と能力のギャップの解消法として、

  ①能力を上げる ②欲望を下げる ③欲望を変える

という3つのパターンを挙げられていますが、自分にあてはめればこの中のどれかというより複合的な感じがします。

あと、楽器の話ですが、録音してじっくり聴いていると、いくつかやや鳴りの悪い鍵盤があることに気づきました。2年前、ピアノのハンマーを含む内部の部品をごっそり交換していただき、前回録音時には入ってしまっていた打鍵時のノイズはなくなりましたが、生楽器ですし、年数もたっているし、そんな上等なものでもないし仕方ないです。鳴りの悪い音は意識して弾く工夫が必要でした。また、ペダルを踏む際に妙なノイズも入ったり。

YouTubeなどで素晴らしいピアノの音源を聴いていると、テクニックの違いも当然ですが楽器そのものの違いも感じます。いい楽器で調整も直前に行われているのなら本当にいい音がする。これはあきらめるしかない。部品を交換し、マイクを選び直し、少なくとも、前回の自宅録音よりはいい音で取れているようです。エンジニアさんもそう言ってくださっています。

アルバムは多分1か月以内には出せると思います。またお知らせします。

高齢者の心身の特性・リハビリのセミナー

先日、京都音楽院で行われた、「高齢者の心身の特性・リハビリテーション」というセミナーに行ってきました。5月から始まる予定だった福祉音楽パートナー指導者養成コースに申し込み受講のための面談も済んでいましたが、定員に達しなかっため開講が見送られました(先で開講されるかもしれません)。今回のセミナーはそれとは別のものです。

講師は、理学療法士で音楽療法士の方でした。体力や感覚器官の衰え、かかりやすい病気、それに伴う言語障害などの後遺症、認知症、パーキンソン病などについて具体的なデータや資料を元に説明をされました。様々なケースについて、日々高齢者に向き合って取り組まれている様子が伝わってきました。

特に印象に残ったのは、パーキンソン病の人のリハビリの話です。パーキンソン病の人は足がなかなか前に出ないのですが、たとえばメトロノームのリズムに合わせたり、あらかじめ用意された歩幅の目安になる線を見たりすると足が前に出やすくなることがあるということです。聴覚や視覚を刺激することで脳からの指令が出やすくなるのかもしれません(この辺は心理学の領域になるのでは?と興味深く感じました)。

セミナー前、私が興味を持っていた音楽療法の効用の一つは、心への影響です。けれども今回のセミナー内容の対象となっている高齢者は、体の問題を多く抱えていてリハビリが必要というレベルですから、心身両方への配慮、むしろ体への影響を重視しなければならないわけで、その深刻さについて考えさせられました。例えば、脈拍や血圧が正常でない場合、リハビリは行わない方がいいということもあるわけです。
今回のセミナーでは具体的な音楽療法についての内容は少なかったですが、対象になる人たちが抱えている問題について再認識できました。

そして、音楽療法には関心があるものの、あくまで私が関われるのは音楽レクリエーションというレベル。その中でできること、配慮すべきことについて改めて考える機会となりました。

少し話がそれますが、つい最近、心身に悩みを抱え、何かをやろうという気力も失せていた高齢者が自ら音楽を求めだしたという話を聞き、少し感動しました。それまではそれほど音楽に興味があったわけでもないのに。若いころ聴いていた音楽をまた聴き始め、口ずさんでいるということです。

何がきっかけで、どういう心の状態になった時、人は音楽を求めだすのか、とても興味深いことです。

認知症を重くしないために知っておきたいこと

ケアマネージャーをやっている友だちに聞きましたが、認知症の問題はより深刻になってきているようです。高齢者が増えるにつれ、認知症の人も増える。今は他人事でも、そのうち誰もが直面する可能性がある問題だと思います。

10年以上前、音楽療法関連の本を読んでいる時期があって、認知症について色々と書かれているのを目にしていました。そのことについて、当時のブログ(今はネットに上げていません)にも何度か書いています。今回、その中から誰もが知っておいた方がいいと思えることを書いた記事を、改めてのせようと思いました。

以下が今回ご紹介したい記事です(そのままコピーしました)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

認知症を重くしないために知っておきたいこと

音楽療法については以前から気になっていて本を読みかけたこともありますが、選んだ何冊かの本が悪かったのかなんとなく違和感がありました。
でも、最近音楽で人のお役に立てることを模索している中で、音楽療法についてもう一度ちゃんと調べてみようと、また関連する本を読んでいます。

『認知症 ケアと予防の音楽療法』という本の中に大変大切なことが書かれています。
認知症とは病名ではなく、様々な原因により起こる症状の総称で、まず脳の器質的障害によっておこる「中核症状」(記憶障害・判断力低下・実行機能障害・失語・失行・失認など)があり、そこに別の要因が加わると二次的症状BPSD(認知症の行動・心理症状)が引きおこされます。

最初の中核症状に対し、周辺の理解不足で責めたり冷たくあしらったりすると、二次的症状に進んでしまうというのです。
BPSDの心理症状は不安・幻覚・妄想など、行動症状は攻撃的行為・不穏・徘徊などです。

中核症状が出たことは本人にとっても不本意なこと。自覚があればなおさら不安でたまらないはず。そのことを周りがどれだけ理解し、温かく受け入れるかがとっても重要だと思いました。
本の中で敬老思想の強い沖縄では認知症になってもBPSDに進行している人がいないという調査結果も報告されています。

何度も同じことを聞いたり、教えたことをすぐ忘れても、「さっきゆうたやん」「何べん聞くん?」といらいらせず、根気よく応対していくことが求められるのだと思います。家族は本当に大変だとは思いますがありのままのその人を受け入れることが安心感につながるのでしょう。

そのためにも認知症についての基本知識を広く共有することが必要ではないでしょうか?
これからさらに高齢化が進み、ある一定の割合で認知症の人も増えていくでしょう。完治する方法がない以上、いかに社会が認知症とつきあっていくかは放っておけないテーマだと思います。
そして音楽は普通の人が思っている以上に不思議な力がありそうですから、大いに活用したいですね。

DATE: 09/05/2011 23:56:45

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事では『認知症 ケアと予防の音楽療法』の出版社を記載していませんでしたが、春秋社です(佐々木和佳・伊志嶺 理沙・二俣 泉著)。

この記事で書きたかったことは、中核症状の段階でうまく対応できれば、重症化するのを遅らせたり、防いだりできるかもしれないということです。多くの人がイメージしていて恐れている認知症の症状はBPSDの方ではないかと思います。重症化しにくい方法を知っていれば本人も家族を含む周りの人も少しは助かるかもしれないと思いました。

ただ、わかっていたとしても、サポートする家族がいら立つ気持ちを抑えて冷静に対応するのは、実際はなかなか難しいことかもしれません。元々円満であればまだしも、実はあまり仲が良くない家族だとすると、より困難が伴うようです。

難しい問題ですが、何も知らず感情にまかせて対応するよりも、少しでも基本的な知識や情報を得ていた方がましではないかと思います。どのように対応すればいいか、具体的な例を挙げて説明した本もあります。

私は音楽で何ができるか、改めて考えています(少し前にもブログに書きました)。5月から京都音楽院の福祉音楽パートナー指導者養成コースも受講予定です。

また、音楽を使うにしても、結局「心」の問題だと思っています。心理学は以前から興味があり、4月から京都橘大学の心理学科で勉強しようと思っています。子供から高齢者まで全世代を対象にした発達心理学を履修します(通信です)。他、認知心理学や社会心理学なども興味ありますが、一度には時間的に無理だと思うのでとりあえず絞りました。

また発信できることが増えるのではと思っています。

ラ ソ ミ

3月に子育て講演会を依頼されており、そのための資料づくりをするため、以前読んだ本を読みなおしたりしています。

今回の資料に含むかわかりませんが、『音楽と認知』(波多野誼余夫/東京大学出版社)という本の中に書かれているちょっと気になることをご紹介します。
童謡や唱歌に出てくる音の並びで最も多いのが、「ラソミ」ということについてです。

ラソミが日本のわらべ唄の基本的な旋律構造である。

童謡や唱歌は、ヨナ抜き音階(長音階の4番目と7番目を抜いた音階、ひふみ(よ)いむ(な)、ドレミソラド)が多いことはよく知られていると思いますが、その中に含まれる3つの音の下降する旋律、ラソミが日本的な旋律ということです(全音音階の曲であっても多いということ)。

ドレミソラドという五音音階は、他の国の民謡やわらべ歌にも使われているけれど、このラソミが日本的な響きをかもし出しているのですね。

実際、ラソミが含まれる歌はどんなものがあるでしょう(音符の長さは無視して音だけならべてみました)。

 ・げんこつやまの、たぬきさん ~ ラララララシ、ラソミミミ

 ・ひらいた ひらいた(なんの花がひらいた) ~ ララソ ララソミ

 ・あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ ~ ミミミソラソラ シソラ シシラソミ

 ・とおりゃんせ とおりゃんせ ~ ララソ ララソミ

 ・かごめかごめ かごの中のとりーは ~ ララシラララ ララララソソララソミ

 ・てるてるぼうず てるぼうず ~ ラララララソ ラララソミ

 ・かもめのすいへいさん ~ ドミソラソミドミソ

 ・おさるのかごやだほいさっさ ~ ミファ♯ミレシレシソラソミ

 ・うみはひろいな ~ シラソミラソミ

 ・おほしさまきらきら(たなばた) ~ シシシレシラソソミ

 ・かきねのかきねの(たきび) ~ ソラソミラソミ

 ・ももたろさん、ももたろさん ~ ソラソソミ、ソソミドレ

京都の通り名の唄も

 ・まるたけえびずにおしおいけ(丸竹夷二押御池)~ ソソソソラソラソ ラソミミミ

このラソミだけを歌ってみてください。どう感じますか? なんとも不思議な旋律だと思いませんか? 浮遊感があるというか、どこにも着地しない感じ。

『シュタイナー教育の音と音楽』(吉良創/Gakken)に次のような記述があります。

わらべ歌の中に現れている下向きの四度の中に、日本人の魂のあり方の、何か大きな秘密があるように思います。

四度とはラからその下のミの音程のことです。この本でも、日本のわらべ歌には四度のインターバルが多く使われていると書かれています。

私も、このラソミに日本人の民族性が感じ取れるかもしれないと思ったりします。

西洋音楽の終止形に比べるとあいまいな感じ。精神性の違いが音楽に現れているのかもしれません。興味深いです。

音楽と心の関係については、これからも調べていきたいと思っているので、ラソミの謎についてもまた考えることがあるかもしれません。

(子育て講演会は、まん延防止等重点措置期間延長のため中止になるかもしれません)

音楽療法について改めて考えています

もう何年も前ですが、音楽療法について調べていた時期があります。高齢者の施設へ行って演奏を始めたのもきっかけだったと思います。音楽療法や音楽と脳の関係などの本を読んだり、音楽療法士に会って話を聞いたり、京都音楽院で行われた音楽療法の研究会のようなものにも参加しました。

音楽療法の目的はいくつかあると思いますが、音楽が脳にどのような影響を及ぼすのか、それがどのように人にとって良い効果があるのか、興味深い点がいくつかありました。

例えば、音楽を奏でるときは(歌も含め)脳の色々な部分が活動する、リズムは脳の運動に関わる部分を刺激する、海馬を刺激して「思い出す」ことに良い影響があるなど。

ただ、その後、音楽療法は誰にとっても効果があるのか、そのことが気になりだしました。

そう思うようになった理由の一つが、私が見た音楽療法の現場の動画です。
その動画は小学生か中学生の子が音楽療法を受けている様子でしたが、その子は電子ピアノの演奏が始まるとそれが気に入らないようで、やめてくれというジェスチャーをしたのです。それ以外の楽器(確か打楽器だったように記憶しています)についても、それほど興味があるようにも見えませんでした。私はその子にとって音楽や音楽によるセラピーが有効だろうか、と思いました。もしかして、音楽に興味がないならあまり意味がないのではと思えてしまいました。

自分が音楽をやっていて、音楽が好きであるからこそ、そうでない人とのギャップを感じることがこれまでも何度もありました。聴いている人より演奏している自分の方が盛り上がっているんじゃないかと思うこともしばしば(笑)。音楽にさほど興味がない、生活の中になくてもそれほど物足りないとも思わない、そういう人はけっこういるんじゃないでしょうか。音楽よりも好きなことがある、周りを見るとそんな人はいっぱいいるように思えます。そういう人たちが歳をとって何かしらセラピーが必要になった時、音楽は役にたつのだろうか?

そんなことを考えているうちに、音楽療法への関心は薄れていきました。

けれども、最近また改めて少し違う風に考えるようになりました。人の心理、無意識の中にあることなど、言語化できないものの大切さについてよく考えますが、それらと音楽のつながりについて興味がでてきました。まだ、ぼやっとしていますが、そこら辺を探っていくことと音楽療法的なことがどこかでつながるのではという気がしています。

万人に役立たなくても、音楽が好きな人、興味のある人のためにできることがあるのではと考えるようになりました。

そういうわけで、音楽による癒し、改善の力についてまた研究していこうと思っています。


久々にYouTubeに動画をアップしました

ブログに何度か書いているように、昨年は新しいマイクを何か月も待っていて、なかなか録音できませんでしたが、昨年末から録音を試していて、結局交換用マイクカプセル(無指向性)に取り換えず、元の指向性のまま録音しました。昨年3月にエンジニアさんにアドバイスに来ていただいて録った時は無指向性のカプセルをつけた方がよく聞こえたのですが、マイクの位置や角度によっても音は変わるし、なかなか思うようにはいかないものですね。

これまで私の再生リストのうち、Arrangement(編曲したもの)に選ぶ曲は著作権切れのものにしていました(実はところが「サンタが街にやってくる」は古い曲と思っていましたが著作権がありました。でも、調べたところとりあえずYouTubeでは大丈夫のようでした)。

今回改めて調べたところ、私はYouTubeパートナープログラムに参加していないので(参加条件を満たしていない)そもそも広告収入は得られませんが、参加していた場合、著作権のある曲では広告料が支払われないし、参加していない場合、広告料が著作権者に払われるということで、著作権のある曲も演奏できると確認できました。

というわけで、早速「Yesterday」を録音、アップしました。

これから、次のアルバムのための録音も始めますが、YouTube用にまた編曲ものも録音し、アップしていこうと思います。アルバム曲をYouTubeにアップするのはアルバムを出した後になるので、春以降になるかな?

2022年、始まりました。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始があわただしく過ぎ、すでに5日になりました。
ようやくいつも通りの生活が始まる感じです。

昨年末より新しいマイクで録音を試みていますが、30日くらいにマイクの位置がこの辺かなととりあえず定まった感じです。ピアノの録音は難しいなと改めて思ってます。また録りながら試行錯誤です。地道にやっていきます。

ミハイル・プレトニョフ

松田先生にミハイル・プレトニョフというピアニストを教えていただいて、YouTubeで見ています。彼はロシアのピアニストですが(プロフィールはこちら)、この方の弾き方が、私が今習っているロシアン奏法の弾き方に近いんじゃないかと思っています。
とても近づけませんが、無駄な動きのない手や体の使い方(それによって引き出される音色)を少しでも見習いたいものです。

確認してみると、以前ご紹介した『ロシアピアニズム』(大野眞嗣/yamaha music media)の中でもミハイル・プレトニョフが紹介されていました。

ロシアン奏法、ロシアピアニズム、流派などもあり少しずつ違うようですが、共通している部分があると思います。

習っていなければ、このような動画を見ても、具体的にどこをどうすればこうなるのか自分で発見するのは難しいですが、今教わっている内容のお手本のような部分が所々に見られ、勉強になります。

ロシアン奏法(ロシアピアニズム)の他の記事はこちら

ようやくマイクが来ました

9月に「マイクが来ない!」という記事を書いていましたが、その時には楽器店から11月納品予定という連絡を受けていました。ところが、11月になって今度は納期がまだわからないという連絡がありました。さすがに、注文から7か月以上たってるし、ちょっと他の店はどうだろうかと今更ながら調べてみると、売っている店があります。念のため問い合わせてみると、なんとすぐに送れるという回答。それで、いつ届くかわからない楽器店の分はキャンセルし、別の店で購入することになり、マイクはすぐに送られてきました。

これで、ようやくと思ったのですが、また問題が発生。

実は、この録音マイクは単一指向性(マイクが向いている方向の音を主に拾う)で、3月に録音アドバイスを受けた時に、これに交換用マイクカプセル(無指向性)をつけ部屋全体の音を拾った方がいい感じに録れたので、それも最初にマイク(2本)を注文した時に一緒に2個注文しました。

交換用マイクカプセル は在庫があったので、すぐに送ってきていました。でも、マイクがなかなか来ないので開けずにおいていました。そして、最悪マイクが来ない(輸入できない?)場合は交換用マイクカプセルを返品できるという確認をとりました(5月ごろ)。

それから、月日がたち11月になり、先日他店よりマイクが届いた後に、ようやく交換用マイクカプセルの箱を開けました。段ボールの中に小さな缶が二つ入っていて、一つずつ開けてみると、なんと一つの缶は空でした!

それで、買った店(最初にマイクを注文していた店)に、一つの箱が空であったから一つ送ってほしいと連絡すると、もう時間がたちすぎて対応できないということなのです。

確かに時間はたっていますが、それはマイクが来ないからという特殊な事情があったし(そのマイクが手に入らなければ結局使えない)、5月には特別な事情のため返品も可能だと聞いていました。けれどそれも5月時点の話で無理ということでした。

納得いかないけれど対応してくれないなら仕方ない。そこで、改めてまたマイクを買った店のサイトを見るとその商品は取り寄せになっている。やはり、商品そのものがないのかなと問い合わせてみると、すぐに取り寄せが可能だとわかり、即注文。そして、すぐに送られてきました。ようやく、これで必要なものが揃いました。

あとは、録音ですが、また試し録りや曲の見直しやらでアルバム完成まではまだ時間がかかるでしょう。まずはYouTube用に録ろうかなと考えています。